メイン ビジュアル

天寶一に
ついて

イメージ1

福山市に残る唯一の酒蔵として。
地元・神辺への想い。

福山を玄関口に、10kmほど北上した場所に位置する、“神の辺り”「神辺」。御神酒と呼ばれる日本酒を醸すのにふさわしい名前のこの地で100年以上続く天寶一は、今では福山市唯一の酒蔵です。「神辺の地酒」として県外や海外でも評価されるお酒を造ること。これが私たちの使命であり、地元への恩返しの第一歩だと考えています。

イメージ2

福山市内で
もっとも憧れる企業を目指して。

私たちは地元で憧れる企業No.1でありたいと考えています。そのためには、伝統を守りながらも、重労働を軽減するための設備に投資し、次の世代が自信を持って引き継げる環境を作る必要があります。そうすることで、これからも、喜びや悲しみを共にできる、人生に寄り添うような「哀愁が漂う酒」を、多くの人に届け続けたいと願っています。

スライド1 スライド2 スライド3 スライド4 スライド5 スライド6 スライド7 スライド8 スライド9 スライド10 スライド11

酒造りの
こだわり

イメージ3

柔らかな酸味と、米のうまみ。
超軟水が造り出す、究極の食中酒。

私たちの酒蔵が常に大切にしているのは、食事との調和。「和の食材、食文化を最大限に生かす名脇役」をコンセプトに、食と融合し、料理の味を引き立たせながら、飲むほどに旨さを増す「究極の食中酒」を目指しています。
仕込み水には岩盤を二つ超えた地下200メートルの「古代水」を用い、水と米の味わいを最大限に引き出す造りを追求しています。超軟水と丁寧な絞りが生み出す「柔らかな酸」が、フレッシュなキレの中に、心地良い余韻を運んできます。瀬戸内の小魚などと相性もよく、料理の味を引き立てる上ではかかせない、究極の食中酒です。

イメージ4